人材紹介システムのプロ・エージェントは、人材紹介業に必要な機能をすべて網羅した導入実績No.1のASP/SaaS型業務プラットフォームです。

トップ > 導入事例 > 株式会社日経HR

人材紹介業務システムプロ・エージェント 導入事例

RSS
印刷用ページを表示
株式会社日経HR

「プロ・エージェント」の速さは圧倒的。ストレスを感じることがありません。

キャリア事業部
コンサルティング第2チーム
リーダー/上席キャリアコンサルタント 山田理人 様
上席キャリアコンサルタント 篠塚寛訓 様


 日本経済新聞社と日経BPを株主に持ち、就職・転職情報サイトの運営をはじめ、さまざまなメディアを活用して就職、転職のサポートをしている日経HR。キャリア事業部で人材紹介のコンサルタントとして活躍する山田理人様と篠塚寛訓様にプロ・エージェントをお使いいただいた感想や今後の展望を伺いました。


求人情報サイト運営により、広告掲載と人材紹介のハイブリッド型サービスも

 日経HRは日本経済新聞社と日経BPを株主に持つ会社で、新卒からエグゼクティブまでの就職、転職をサポートしています。大きな柱となるのが、転職求人情報サイトである「日経キャリアNET」と、新卒者向け就職サイト「日経就職ナビ」の運営です。「日経」ブランドに安心感や信頼感を寄せてくださるクライアントが多く、ほかの転職サイトには求人を掲載しない大手金融機関、公的金融機関が「日経キャリアNET」には掲載していただいています。求職者側も、特に金融業界や企業の経理部門で働く方は日経新聞の購読者が多く、多数登録いただいています。
 エージェントとして人材紹介も行っており、「日経キャリアNET」への広告掲載と人材紹介というハイブリッド型のサービスで、クライアントのニーズにお応えしています。

通常業務をやりながら負担のなくデータの移行ができた

 弊社では「エージェントサーチ」というサービス名で紹介会社向けのスカウトデータベースサービスを行っています。昨年より、「エージェントサーチ」と「プロ・エージェント」の機能が連動することが出来、それを機に人材紹介部門にて「プロ・エージェント」を導入することになりました。
 「プロ・エージェント」を導入する前は、ある業務管理システムに手を加えて利用していたのですが、人材紹介の管理システムとしては非常に使いにくいものでした。例えば、一人の候補者に対して、一つの求人案件しか紐付けられない仕様となっていたため、同じ人が他の会社にも応募する場合に対応できません。
 一方「プロ・エージェント」といえば人材紹介会社がシステム導入を検討するときには必ず名前があがるトップブランド。導入に関しては何の不安もありませんでした。データの移行も当社のシステム部門と綿密な打ち合わせをして、スケジュール的にも余裕を持って作業をしていただいたので、我々コンサルタントは業務をやりながら、何の負担もなくスムーズに移行することができました。

スキームを熟知した上でのバージョンアップが使いやすさを増している

 「プロ・エージェント」を使っていて感じることは、レスポンスが速いということ。例えば、数カ月前に登録いただいた求職者から電話があったとき、待たせることなくすぐにその方の情報にアクセスすることができます。業務上、さまざまなポータルサイトなどの管理画面を利用するケースがありますが、「プロ・エージェント」の速さは圧倒的ですね。ストレスを感じることがありません。
 実は前職で、開発当初の「プロ・エージェント」を使っていたのですが、そのころと比べてだいぶ使いやすくなっているのを感じます。人材紹介の業務内容を熟知した上で機能を追加したり、バージョンアップをしているのがその理由でしょう。システムを提供する業界を知り、変化にスピーディーに対応するというのは今となっては当然のことかもしれませんが、少し前までのIT業界には欠落していました。ポーターズが他社に一歩も二歩も先んじているのは、設立当初から「人材紹介会社のために」という思いが貫かれているからではないでしょうか。

「プロ・エージェント」のさらなる進化に期待

 現在人材紹介を行っていて感じるのは、マッチングがカルチャーとフィットするかどうかという段階に来ていることです。スペックがマッチするのは当たり前で、社風に合うかどうかが成立要素として大きくなってきています。候補者のパーソナリティを定義するというのは難しいことですが、そういう面でも「プロ・エージェント」を活用出来ると、また違った局面を向かえるかもしれませんね。
 先日、厚生年金の受給年齢引き上げが議論されていると報じられましたが、現代の60代は非常に元気でやる気もある。今後はエグゼクティブの転職にさらに力を入れていくとともに、60代の活用や事業承継の問題を解決するサービスも業界として取り組んでいくべきではないかと考えています。もちろん、「プロ・エージェント」のさらなる進化も期待しています。

株式会社日経HR

代表者
和田 昌親

住所
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-6-3 神田三菱ビル6F(本社)

資本金
7,000万円

URL
http://www.nikkeihr.co.jp/

TEL
03-6812-7300(代表)

設立
1979年3月1日

E-mail
info-cc@nikkeihr.co.jp

事業内容
あらゆるメディア・手段を通して、職業・仕事に関する情報流通の場を提供します。
・就職サイト「日経就職ナビ」
・転職サイト「日経キャリアNET」
・進学情報サイト「日経進学ナビ」
・就職情報誌「日経就職ガイド」
・市販書籍「日経就職シリーズ」
・市販雑誌「日経キャリアマガジン」



お役立ちコンテンツ
導入実績No.1のポーターズならではの「人材紹介事業を成功に導くための手法・ノウハウ」をお教えします。