人材紹介システムのプロ・エージェントは、人材紹介業に必要な機能をすべて網羅した導入実績No.1のASP/SaaS型業務プラットフォームです。

トップ > 導入事例 > 株式会社マイスター60

人材紹介業務システムプロ・エージェント 導入事例

RSS
印刷用ページを表示
株式会社マイスター60

シニア層のコンサルタントも使いやすいようシンプルにスタート。慣れてきてから機能を追加し、経営に役立てる。

人材情報センター本部
本部長兼営業推進チーム長 髙平 ゆかり 様


 1990年の設立以来、高齢者雇用の創出に取り組んできたマイスター60。その功績により、93年にメロウ企業グランプリ ユニーク賞、96年ニュービジネス大賞特別賞、07年高齢者雇用開発コンテスト奨励賞など数々の賞を受けています。ベテランのコンサルタントを数多く有すマイスター60ではどのようにプロ・エージェントをご活用いただいているのか、人材情報センター本部長の髙平ゆかり様にお話を伺いました。


シニアの再就職で武器となるのが高い専門性

 マイスター60という社名にあるように、設立当初から60歳以上の方を中心に雇用創出を目指してきました。現在は40代後半から70歳まで幅広い層の方にご登録をいただいています。65歳定年制や年金受給の引き上げ議論などもあり、60歳以降も引き続き働きたいと考える人はますます増えています。ところが、すべての企業がシニアの雇用に対して柔軟に取り組んでいるわけではありません。高齢者雇用は人的資源の有効活用であるととらえ、経営戦略として取り組む企業がある一方で、「自分より年上の人は使いづらいだろうから」といった根拠のないイメージが先行し、シニアの採用を控える企業は少なくありません。
 当社が人材の提案をする時は、企業側の課題となっている業務を洗い出し、それに必要なスキルを明確にすることからはじめます。初めにシニアありきの営業ではなく、必要とする仕事ができる方がシニア層という場合が多々あるからです。これまで得意としてきた施工管理士、電気主任技術者、ビル管理技術者などの有資格者やエンジニアに加え、知的財産や法務など、知識と経験が必要な分野での活用を進めています。

人材紹介事業の拡大を図るため、プロ・エージェントを導入

 当社は特定人材派遣からスタートしたこともあり、当初人材紹介はそれほど多くありませんでした。ところがリーマンショックの影響を受け、既存の事業モデルを再構築する必要性に迫られました。そこでシニア層に特化した人材紹介事業への本格的な参入と事業規模の拡大を目指し、2007年にASP型のシステムとして実績のあるプロ・エージェントを導入しました。
 当社は2009年にプライバシーマークの認証を受けましたが、導入時点ですでにそれも視野にいれていました。ポーターズは2006年に認証を受けており、プロ・エージェントを利用することでリスクヘッジにつながることも導入の決め手となりました。
 プロ・エージェントにはさまざまな機能がありますが、60代のコンサルタントでも使いこなせるようにあえて使う機能を絞り、シンプルな形でスタートしました。中でも使い勝手がいいと評判なのがキーワード検索です。ホームページと連動させて登録者の情報をプロ・エージェントに取り込んでいますが、エントリーフォームでは入力文字数に制限があり、長く仕事をしてきたシニアの経歴を事細かに入力することはできません。しかし、紐付けされている職務経歴書などPDFのデータからも検索できるので、企業が必要としている細かなニーズに的確にマッチングさせることができます

導入後も続くさまざまな提案により、業務効率化につながる

 私自身は当社に来る前、他の総合人材サービス会社でクライアントサーバー型の別のシステムを利用していました。05年当時からプロ・エージェントを知っていましたが、当社に移り、非常に進化したな、という感想を持ちました。もちろんパッケージ型のシステムもコストをかけて機能改善行うことは可能ですが、拡張性はASP型にはかないません。
 ポーターズはサポート面も手厚いですね。使っている機能でわからないことはサポートセンターに問い合わせることができますし、新しい機能やまだ使っていない機能は営業担当から提案があります。現在請求書の出力について提案をいただき、検討している最中です。
 西森社長自ら行うセミナーも非常にいい。システム導入を検討しているエージェントも、そうでないエージェントにもおすすめしたいですね。人材紹介プロセスの確立ロジックや、どういう切り口で求職者と対面するかといった深い心理的アプローチまで突っ込んでいるので、エージェントにとって大きなヒントとなります。これを理解することでプロ・エージェントの利用の幅がさらに広がるので、当社でもまだセミナーに参加したことがないコンサルタントには参加を促したいと思っています。

シニアの積極活用でイノベーション

 コンサルタント一人ひとりの動きを把握するのは難しいものですが、プロ・エージェントを活用すればポイントは可視化できます。それも導入のメリットとして大きいですね。現在当社ではデータベースとしての利用がメインになっていますが、今後は優れたデータ分析やレポーティング機能を経営に活かしていきたいと思っています。
 諸外国と比べ、日本は資源の少ない国ですが、就労意欲の高い人材がたくさんいます。まさに人が資源となる国なのです。これまで当社が得意としてきた分野からさらに範囲を広げ、新たな産業でシニアを活用する道筋ができれば、日本の経済成長につながると考えています。実際、シニアを積極的に活用し、イノベーションを起こしている企業は少なくありません。プロ・エージェントをさらに活用して、社会への貢献を増やしていきたいですね。

株式会社マイスター60

代表者
取締役社長 柴田 一郎

住所
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-19-1

資本金
1,000万円

URL
http://www.mystar60.co.jp/

TEL
03-6431-9360(代表)

設立
1990年2月1日

事業内容
人材派遣、職業紹介等の人材サービス



お役立ちコンテンツ
導入実績No.1のポーターズならではの「人材紹介事業を成功に導くための手法・ノウハウ」をお教えします。