人材紹介システムのプロ・エージェントは、人材紹介業に必要な機能をすべて網羅した導入実績No.1のASP/SaaS型業務プラットフォームです。

トップ > 導入事例 > マンパワーグループ株式会社

人材紹介業務システムプロ・エージェント 導入事例

RSS
印刷用ページを表示
マンパワーグループ株式会社

プロ・エージェントはわれわれにとっては基幹システムとも言えるほど大事なもの。障害がなく、安定して使えていることが一番です。

執行役員
エクスペリス事業本部
人材紹介事業部 事業部長
望月 博文 様


 2011年12月にライトマネジメントジャパンと合併し、マンパワー・ジャパンから社名変更したマンパワーグループ。これにより、従来の人材派遣や人材紹介に再就職支援、能力開発を加えて、総合人材サービス企業としてタレントマネージメントの統合サービス提供が可能となります。今回は執行役員の望月博文様にお話を伺いました。


マンパワーグループならではの人材紹介サービス

 世界82カ国・地域にネットワークを持つ米国マンパワーグループの日本法人マンパワー・ジャパンとして、日本で初めて人材派遣サービスを始めました。このたび、再就職支援や組織・人材コンサルティングを行っているライトマネジメントジャパンと合併し、社名をマンパワー・ジャパンからマンパワーグループに変更しました。人材派遣、人材紹介、業務請負といった従来の事業に加え、再就職支援や組織・人材コンサルティング、能力開発・トレーニングを提供していきます。
  現在、人材紹介事業においては通常の人材紹介に力をいれながら、外国人の日本企業へのご紹介も行っています。一つがキャリア層をターゲットとしたものであり、もう一つが新卒のご紹介です。弊社では、これまでに外国の大学を卒業したフィリピン人のエンジニアに日本語教育をし、ITエンジニアとして採用。アウトソーシング事業に携わってもらっています。そこで培ったノウハウをサービス化し、お客様に提供することにしました。世界中に張り巡らされたネットワークを最大限に活かした、マンパワーグループならではのサービスです。

決め手は「使いやすいプロ・エージェントをこれからも使いたい」という現場の声

 米国マンパワーグループにはグローバルで使われている独自のシステムがあります。しかし、日本と海外では人材紹介に必要なプロセスが異なるため、システムに必要な機能が入っていなかったり、マッチングがしにくいといった不都合があり、当社では2005年からプロ・エージェントを利用しています。
 実は過去に一度、リプレイスを検討したことがありました。当時はシステム障害などもあり、自社専用のパッケージを導入し、独自のカスタマイズを行った方がいいのではないかと考えたり、他社の安価なシステムでもいいのではないかと感じる部分もあったからです。しかしその際、ポーターズ社の営業の方々が粘り強く信頼回復に尽力してくださったこと、また、現場からの「プロ・エージェントはマッチングがしやすく、使い慣れている。これからもこのまま利用していきたい」という声も強く、プロ・エージェントを継続して利用するという結論に至りました。

安定して使えるプロ・エージェントに信頼

 当社では、自社サイトのほか、いくつかの転職サイトを利用しています。これらがプロ・エージェントと連携されているので省力化につながっています。導入当初は転職サイトから直接取り込むことができずにCSVへの変換が必要なサイトも多かったのですが、最近ではボタンひとつで取り込めるサイトが増えました。一部まだCSVへの変換が必要なサイトもあるので、早く自動で取り込めるようになるといいですね。
 ポーターズ社とは月に1度定例会を開き、情報交換をしています。要望をあげたり、データのことで気になる点があると調査を依頼したり。ポーターズ社からは新しいサービスの提案をいただいています。何か問題があるときはこの場で話し合いをしますが、この数ヶ月は連続稼働率100%を更新していて安定して使えているので特になにもなく終わることが多いですね。プロ・エージェントはわれわれにとっては基幹システムとも言えるほど大事なもの。障害がなく、安定して使えていることが一番です。

総合人材サービスとして「育てる」ことに注力

 人材紹介は、求職者や求人企業の開拓からマッチング、ご紹介とコンサルタント一人で案件を完結させることができるため、ともすると個人商店的になりがちです。しかし、マーケットが何を求めているのか、何に困っているのかということに注目し、ソリューションを提供するという考えに現在はシフトしています。個人商店ではなく、チームプレーが求められているのです。
 弊社では人材紹介、人材派遣に限らず総合的な人材サービス企業として、付加価値の高いサービスを提供し続けたいと考えています。そのキーワードが「育てる」です。これは企業にも求職者にも意味のあることだと思っています。前述のように、海外の学生が日本で働けるように日本語を教えるのもその一つ。日本人に対しても同じです。「私の売りはこれです」と皆様がアピールできるようなお手伝いをしていきます。今後のマンパワーグループにどうぞご期待ください。

マンパワーグループ株式会社

代表者
取締役会長代表執行役社長 ダリル E. グリーン

住所
〒220-8136 神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号 横浜ランドマークタワー 36階

資本金
40億円

URL
http://www.manpowergroup.jp/

TEL
045-227-4400(代表)

設立
昭和41年11月30日

事業内容
一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業、再就職支援など人材サービス全般



お役立ちコンテンツ
導入実績No.1のポーターズならではの「人材紹介事業を成功に導くための手法・ノウハウ」をお教えします。